日本人には少ない睡眠時間でも十分という人も多いかもしれませんが、不眠症は非常に深刻な問題です。不眠症になると身体を十分に休ませることができなくなり、集中力に欠けたり、だるさや、倦怠感、生活リズムの乱れからさまざまな症状が出てきます。

睡眠導入剤と睡眠薬と安定剤の違いについて

どうしても夜眠れなくて日常生活に支障をきたすようになってしまった場合、睡眠薬の服用はとても便利です。
しかし、睡眠薬といってもどんな種類、効果があるのかいまいち知識があいまいな人も少なくありません。

実は睡眠導入剤と睡眠薬、そして安定剤は強さなど効き目の違いで名称が分けられているだけであって、すべてベンゾジアゼピン系の薬です。
処方される薬の中にはベンゾジアゼピンではないものもありますが、それでも作用はベンゾジアゼピンに近いものとなっています。

もともとベンゾジアゼピンには鎮静催眠作用と精神安定のふたつの作用があります。
鎮静催眠作用が強いものを睡眠薬、精神安定作用が強いものを安定剤と使っています。
また、睡眠薬の中で作用が比較的短いものを睡眠導入剤として扱っています。

寝つきが悪いなど入眠に支障が出ているだけで一度入眠してしまえば朝まで眠り続けられる人には睡眠導入剤が処方されますが、夜中に起きてしまったり、たくさん寝ても眠った気がしないといったいわゆる睡眠の質が落ちている人には鎮静催眠作用が長く効く薬を処方するなど強さで睡眠薬の種類を分けています。
つまり睡眠導入剤は睡眠薬の一種です。

安定剤は不眠の原因がメンタル面にあると考えられる人に処方されます。
不眠に対する薬ではないのですが、同じベンゾジアゼピンなので鎮静催眠作用が含まれているため服用すると入眠しやすくなります。
ですので安定剤は睡眠導入剤と違い睡眠薬の一種ではありませんが、元をたどると強さに違いはあれど同じ作用を持っています。

ドラッグストアなどで販売されている睡眠薬と病院で処方されるものとの違いは何があるのかというと、種類が違います。
なお正式には睡眠改善薬といわれ一時的な不眠に対して服用すべきものです。
もちろん処方箋が必要無いだけあり効き目の強さは病院で処方されるものより弱めです。
また、長期間の服用には適さないため飲まないと眠れない場合は病院を受診するようにしましょう。

今日は絶対にしっかり寝たい!という場合は何を使う?

常に眠れない状態が続いている場合は病院を受診して睡眠薬や睡眠導入剤を処方してもらうようにしましょう。
入眠困難なだけでしたら睡眠導入剤だけで朝まで眠れますし、自分の症状にあった睡眠薬を服用することでしっかり睡眠を取ることができるでしょう。
一時的に眠れないだけでしたら、市販の睡眠改善薬を飲むのもいいかもしれません。
また、睡眠導入剤は通販サイトからでも購入でき、市販よりも睡眠効果が高いのがそろっています。
その他にも睡眠を補助するサプリメントも市販されています。
短期間だけで良いのならサプリメントなどの軽いものを服用する方がいいでしょう。

ちなみに、睡眠薬は確かに不眠を解消してはくれますが、だからといって安易に睡眠薬に頼り過ぎると今度は依存していまい、薬が無いと眠れなくなる体質になってしまうかもしれません。
より強い薬を飲まなければならない状態にもなります。
薬を飲むだけではなく、布団などの寝具を新しいものに変えてみたり、枕の高さを調整したりと外部から変えることも必要です。
他にも、適度な運動をするなど生活習慣に気を配ったり、不眠の原因を根本的に取り除くようにすることも大切です。

なお、アルコールを飲んで眠るというのはもっともおすすめできない入眠方法です。
確かにアルコールで酔ってしまうと眠りに落ちますが、これは決して質の良い睡眠にはなりませんのでしっかり寝たいという人には不向きです。

しっかり眠るには朝に薬の効果を持ちこさないことも重要です。
起きる時間を考えて眠りにつくために睡眠薬を服用する時間を計算するようにしましょう。
また、服用後は何もせずにすぐ布団に入り目を瞑るようにしましょう。
スマホなどのブルーライトが出る機器を使うと睡眠の質が落ちます。
寝ながらスマホを使わないようにすることもしっかり眠るには大切です。

睡眠導入剤の補足情報

睡眠導入剤は病院の処方で入手できますが、病院に行く時間がない人などは通販からでも購入できます。
睡眠導入剤は@通販で入手